【画像あり】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録から購入まで解説!

日本でも最大手の仮想通貨取引所としておなじみのbitFlyer(ビットフライヤー)

他の取引所に先駆けてメディア展開していたので、仮想通貨取引をしたことのない人でもビットフライヤーの名前は知っているという方は多いと思います。

ビットフライヤーは豊富な資金力を元にした充実のサービスが利用できたり、使いやすいチャート画面で初心者でも使いやすいんです。

サイトも見やすく分かりやすいので、見たことのない人から下のリンクからどうぞ

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)って?

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年に開設した仮想通貨取引所です。

ビットコイン取引量日本一を誇っており、国内最大規模の取引所として多くのユーザーが利用していることでも知られています。

さらに企業としての規模も大きく、

MUFJ

みずほ

三井住友

などのメガバンクの投資会社の他、

第一生命

GMO

SBI

リクルート

電通

などの大企業が出資していることでも有名です。

豊富な資金力で、サービスとセキュリティも充実しています。

サービスは国内に留まらず2017年11月にはアメリカ進出、2018年1月にはEUでもライセンスを獲得しています。

アメリカとEUという厳しい規定のある地域でライセンスを獲得したという点からも、ビットフライヤーが基盤のしっかりした安定した企業であることが伺い知れますね。

取り扱い通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱っている仮想通貨は以下の通りです。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ライトコイン(LTC)

・イーサリアムクラシック(ETC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・モナコイン(MONA)

・リスク(LSK)

ビットフライヤーというとビットコイン取引のイメージが多いのですが、実はアルトコインの取り扱いも豊富なんですね。

2018年1月にはリスクが新たに追加されたので、より活発な取引ができると注目されています。

注意したいのはアルトコイン取引は販売所だけで、取引板やライトニングFXを利用できるのはビットコインのみです。

とはいえ、国内の他の取引所では買えないコインもあるし、販売所はすぐにほしい分だけを購入することができるのでメリットも大きいんですよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録

登録手順(アカウント登録~個人情報登録まで)

では、早速ビットフライヤーにアカウント登録をしてみましょう!

公式サイトへアクセスすると、このような画面が表示されます。

メールアドレスを記入する欄に入力したら「アカウント作成」をクリックしましょう。

画面を見れば分かりますが、フェイスブックやグーグルのアカウントを利用しても登録が可能です。

しかし、セキュリティの面からするとあまりおすすめできないので、メールアドレスから登録する方が安全でしょう。

すぐにビットフライヤーからこのようなメールが送られてくると思います。

URLをクリックして、メールの本文中に記載されているキーワードを貼り付けましょう。(※初期設定されたパスワードはログイン後変更できます。)

この画面ですね。

無事に認証されると基本情報を入力する画面に映ります。

この時点ではウォレット機能だけが利用できる「ウォレットクラス」となっています。

本人確認を行うと各種機能と仮想通貨取引が利用できるようになります。

セキュリティ設定は?

本人確認

実際に取引を行うために本人確認を行いましょう。

まだ確認がすんでいないときにアクセスすると、確認ページに誘導されます。

他の取引所と同じように身分証を写真にとったものや、スキャンした画像をあらかじめ用意しておきましょう。

ちなみにビットフライヤーで身分証として認められるのは下記のものです。結構種類が多いので、より幅広い層の人が利用できるのもポイント

画像がビットフライヤーに申請されたら、登録した住所宛に本人確認書類が届きます。

ビットフライヤーの場合はハガキを受け取れば本人確認完了となるので、特に操作は必要ありません。

2段階認証

アカウント登録したらセキュリティを高めるために、二段階認証を行いましょう。

メニューバーにある「設定」から「セキュリティ設定」を選択して表示される「二段階認証を変更」というメニューから設定できます。

このようにQRコードとアカウントキーが表示されるので、認証アプリを起動して読み取りましょう。

ビットフライヤーでは

・Google認証アプリ

・Authy

・Duo Mobile

の3つのアプリが利用できます。

他にもメールアドレスによる認証、SMS認証も利用できますよ。

取引について

入金方法

本人確認が終わったら、アカウントに日本円を入金してみましょう。

左のメニューバーにある「入出金」メニューをクリックし、希望する入金方法を選んでください。

日本円入金だけでも、通常の銀行振り込み・ペイジー・コンビニ支払いなどからも選ぶことができます。

余裕があるときには銀行振り込み、急いでいるときにはクイック入金・・・など使い分けができるのが便利ですよね。

 

取引画面

・販売所

ビットフライヤーでは多くの取引方法が利用できます。

まずご紹介するのは販売所です。

これは取引所が所有している通貨を買う方法で、すぐにほしい分のコインを売買できるのが特徴です。

デメリットとしてはスプレッド(価格差)という実質手数料がかかるので、割高になるという点です。

アルトコインもこの方法で販売されます。

・取引所

取引所ではユーザー同士直接売買取引を行えるシステムです。

ビットフライヤーの取引画面は、シンプルで分かりやすいのではじめて利用する人でも使いやすいですよ。

・ライトニングFX

ライトニングFXというのは、信用取引のことです。

自身が持つ小額の仮想通貨を担保に、大きな金額の売買取引ができるというものです。

ビットフライヤーでは最大15倍までレバレッジをかけた取引ができます。

このように取引画面も高機能なのが特徴で、中級~上級レベルのユーザーのニーズにも対応できます。

まとめ

この記事ではbitFlyer(ビットフライヤー)への登録の方法を、画像を交えて説明いたしました。

実際の取引画面も掲載いたしましたので、アカウントをもっていない人もイメージしやすいのではないかな。と感じます。

みなさまの取引所選びのご参考の一端になればうれしいです。

ビットフライヤーでは他にも送金手数料が無料になるbitWireや、ビットコインで買い物ができるショッピングサービスなどもあります。

気になるかたはぜひ公式サイトをご確認ください。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です