【画像あり】bitTrade(ビットトレード)の登録方法から通貨の買い方まで解説!

仮想通貨取引が広まる中で、どんどん高度な取引が注目されつつありますね。

今回ご紹介するbitTrade(ビットトレード)は仮想通貨のFX(信用取引)ができることから人気を集めています。

この記事ではbitTrade(ビットトレード)への登録方法を解説していこうと思います。

ビットトレードへの登録はこちら

bitTrade(ビットトレード)に登録

bitTrade(ビットトレード)とは


ビットトレードは2016年に開設された国内でも大手の取引所です。

運営会社はビットトレード株式会社 (BitTrade Co., Ltd.)ですが、こちらは株式会社FXトレードフィナンシャルの関連会社なのでFX取引のノウハウが豊富にあります。

2017年9月には仮想通貨取引所として正式に認可されているので、安心して取引できますよ。

大きな特徴は仮想通貨のFX(信用取引)ができること。

つまり、少ない資金でも大きな利益を得るチャンスがあるということですね。

取引のシステムはbitbank.ccと同じものを利用しているので、ビットバンクを利用したことがあれば使い方は簡単です。

取り扱い通貨

現在ビットトレードで取引できる仮想通貨は以下の通りです。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)

ビットバンクと同じシステムを利用しているだけあり、取り扱い通貨の種類も同じです。

ライトコインやリップルなどは世界的に人気が高いものの、日本でそこまで広まっていないため取引所でお得に取引できるのはうれしいですよね。

登録手順(アカウント登録~個人情報登録まで)

まずはbitTradeのトップページにアクセスしましょう。

ビットトレード

画面左上にある「新規会員登録」をクリックしましょう。

そうするとこのようにメールアドレスを入力する画面に切り替わると思います。

任意のメールアドレスを記入して「登録」をクリックすると、ビットトレードからメールが送られてきます。

本文中のURLをクリックしてください。

クリックすると、パスワード設定画面が表示されます。

ここでパスワードを決めるのですが、気をつけたい点は2つあります。

・他のサイトとかぶらない桁数の長いパスワードを決めておくこと

・メモや管理アプリなどにバックアップを保管しておくこと

安全に取引所を利用するために必要なことなので、念頭に置いといてくださいね。

パスワードが設定できれば名前・住所などの基本情報の入力画面に切り替わります。

個人情報を記入した後は、取引の目的・職業を選択するので自身の利用目的に一番あったものを選んでくださいね。

なお、外国の要人であった経歴を持つ人は利用できないので気をつけてください。自分じゃなくても家族が利用すると問題になる可能性もあるので、お問い合わせください。

本人確認

基本情報登録まで終わったら、身分証をアップロードして本人確認を行いましょう。

現在、国内のどの取引所でも本人確認を行わないと仮想通貨取引がおこなえません。

 

画像にもありますが、ビットトレードでは

・運転免許証

・パスポート

・住民基本台帳カード

・在留カード

の4点を推奨しています。

画像は携帯で撮った写メでもいいですし、スキャンした画像でも大丈夫ですよ。

免許証のようなカードタイプの身分証を利用する場合は、両面の画像を用意しておいてくださいね。

運営が確認するまで1日ほど時間がかかり、登録した住所に本人確認書類がとどくまで2.3日ほどかかるようです。

時期によってはもっと長い期間かかるようなので、書類がなかなか来ない場合は本人確認書類ページから進行状況を確認してくださいね。

ログイン&二段階認証セキュリティー設定

アカウント登録するときには、かならず2段階認証を設定しておきましょう。

ビットトレードは

Google Authenticator(Google認証システム)

IIJ smartkey

の2つの認証アプリに対応しています。

アンドロイドかAppからインストールしておきましょう。

トップページ→セキュリティ→二段階認証の順で選択すると、QRコードが表示されます。

1.アプリを起動して、QRコードを読み取ります。

認証用のアプリに6桁の認証コードが表示されるので、2.の入力欄に記入してください。

コードはなくすと復旧に手間がかかるので、メモなどにコピーして保存しておきましょう。

設定しておくと、メールアドレスとパスワードのほかにログイン時などに認証コードが必要になります。

入金方法

 

本人確認まで行ったら日本円と仮想通貨入金が利用できます。

トップページの「入出金」を選択して、入金したい通貨を選択します。

日本円で入金する場合は「入出金」ボタンをクリックして、入金メニューを選択するとビットトレード指定の振込み用のりそな銀行の口座が表示されます。

銀行・ATMなどを利用して振込みを行いましょう。

仮想通貨をビットトレードのアカウントに送る場合は、送りたい銘柄を確認します。

ウォレットアドレスが表示されるので、それをコピーしてウォレットや他の取引所からコインを送りましょう。

通貨の買い方

アカウントに入金したら、実際に通貨を購入してみましょう!

ログインしたページの左上に表示されている通貨ペアをクリックして、取引したい通貨ペアを選択します。

今回はわかりやすいように「BTC/JPY(日本円建てのビットコイン)」取引画面を表示しますね。

同じ取引システムを利用しているbitbankはチャートが黒が基調なのですが、ビットトレードは白が基調の明るい画面ですね。

一番目につくチャート画面はロウソク足チャートで、価格推移と取引が行われた量がひと目でわかるようになっています。

チャートの右側の取引履歴で、取引が行われた履歴を確認して注文を出す値段を決める目安にできます。

注文画面から「売り」「買い」のどちらかを選択して、希望の数量を入力して緑色の「注文」ボタンをクリックして注文を出します。

まとめ

今回、ビットトレードの登録方法について解説してきました。

FX取引などもできるので、より活発な取引をしたい人におすすめの取引所だといえます。

本人確認に多少時間がかかるものの登録自体は簡単なので、信用取引などに興味がある人は公式サイトを確認してみてくださいね。

なにか不明点がありましたらTwitterのほうにDMを下さい、対応いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です