My Ether Walletが分裂!My Crypto誕生とその経緯

My Ether Walletはイーサリアムの定番ウォレットとして有名ですよね。

ところが先日そのサービスがハードフォーク(分裂)したことが明らかになりました。

この記事ではウォレットが分裂ってどういうこと?従来のサービスは使えないの?の疑問に答えたいと思います。

開発者が対立して2つのブランドに分裂

イーサリアムはそれ単体でも人気がありますが、ICOなどであらゆるトークンのベースに使われている通貨です。

エアドロップなどのトークン付与のイベントなどでも、My Ether Walletのアドレスで受付されることが多いので人気のサービスです。

・My Ether Walletは人気のウォレット

My Ether Walletはイーサリアム/イーサリアムべースのトークンを管理できるサービスです。

ウォレットと一口に言っても実に色々なタイプがあります。

・ハードウォレット

ネットワークとつながっていない環境でコインを保管するウォレット。不正アクセスなどのリスクを減らせるなどセキュリティ面では申し分ないが、設定などに手間がかかる場合も。

・ペーパーウォレット

コインや秘密鍵などのデータをQRコードに変換してプリントアウトするタイプ。手軽に利用できる上にオフライン環境で保存できるのですが、なくしやすいため保管に注意が必要です。

・オンラインウォレット

ホームページ内やブラウザの拡張機能で管理を行うオンラインタイプで、取引所や誰かにコインを送る時にはスピーディに操作ができることから人気があります。

しかしネットワークにつながっているためフィッシングなどのリスクも高い保管方法です。

 

今回話題となったMy Ether Walletはオンラインウォレットと分類されますが、メタマスクや以前このブログでも紹介したLedger nano Sなどの外部サービスと提携できるため安全性の高さが人気でした。

その他にもイーサリアムクラシック(ETC)やイーサリアムベースで開発されたトークンを一括管理できる特徴を持つため、ICOを利用する人の大半は利用しているようですね。

さらに海外のサービスには珍しく日本語対応しているので、日本国内にも利用者が多いウォレットです。

・My Cryptoがハードフォークによって誕生

そんなMy Ether Walletが2018年2月に「ハードフォーク(分裂)する」という驚きのニュースが報じられました。

ウォレットが分裂とはどういうこと?と感じてしまいますが

ハードフォークは互換性のないアップデートという意味なので、開発チームが袂を分かったという意味でしょう。

共同経営者の1人であるTaylor Monahan氏と、彼女を支持する人材で構成されたチームはMy Cryptoという新しい名前で、これまで同様のサービスを提供する予定です。

Monahan氏はこれまでMy Ether Walletに尽力してきたが、同じく共同経営者のKosala氏との間で食い違うようになったというのが事の発端のようですね。

My Cryptoはすでにホームページなどを準備していますが、My Ether Walletとほぼ同じUIデザインであることが話題となっています。(こちらも日本語対応しています。)

しかし現在は監査法人や会社の契約について合意を進めている段階だそうなので、また近いうちになにか変更や大きな動きがあるのは間違いないでしょうが、それもスムーズにはいかないかもしれません。

SNSでもイザコザが・・・

というのも、この分裂は穏便に行われなかったという背景があります。

ハードフォークが発表されてから従来のMy Ether Walletのアカウントが、突然My Cryptoに表記が変わってしまって多くのユーザーが同様しました。

Taylor Monahan氏と一緒に独立した人がSNSなどメディア担当を行っていたためMy Ether Wallet側には寝耳に水の出来事だったそう。
あまりにも突然のことで最近も他のイーサリアムのウォレットで不正出金事件があったため「不正アクセスでハッキングされたのでは?」という噂が広まり、
Kosala氏が自身のアカウントで否定するまでの事態に発展してしまいました。

(訳)My Ether Walletのセキュリティは通常運転しています。
皆さんのウォレットは改ざんなどされていないので、いつも通り使うことができます。
ソーシャルメディアの切り替えは違法なもので、私たちは対処している状態です。

と語っています。

本当にMy Ether Wallet側の人は何も知らされていなかったみたいです。

混乱を招くと判断したのか、現在ではMy Cryptoは新しいアカウントを作成しているようです。

しかしMy CryptoのQ&Aでは「My Ether Walletのことは感知しません」となんともつっけんどんな態度。

まさに渦中の中にいるため、話せることも少ないのでしょうがユーザーは不安になってしまいそうです。

 

まとめ

 

イーサリアムはハードフォークに慣れているとは言え、こういった形の分裂は初めて。

人間関係や経営上のトラブルということで今後訴訟されるなどの噂もあるので、しばらく波乱は続きそうです。

そのため個人的にはLedger nano Sなどのハードウォレットなども併用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です