楽天が仮想通貨事業に参入!楽天コインとは?

先日、楽天グループ自社オリジナルの仮想通貨の開発を進めていることが発表され注目を集めました。

国内では仮想通貨取引をしたことがない人はまだたくさんいると思いますが、楽天をよく使っているといるという人は多いですよね。
そのため、この動きの影響で今までよりずっと多くのユーザーを誘致できるようになるかもしれません。

この記事では楽天コインまつわるニュースを解説していきたいと思います。

MWCで三木谷会長が発言

楽天コインの構想が明らかになったのは、2月27日のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)の基調講演の場のことでした。

・モバイル・ワールド・コングレス(MWC)とは?

1987年からスペインのバルセロナで開催されている、国際的なカンファレンスです。
携帯電話やモバイル端末の通信・販売に関わる企業が集まる大規模な会議で、2018年は述べ2300を超えるほどの企業が参加しました。

日本からもNTTドコモ、ソフトバンク、ソニー、NECなどそうそうたる顔ぶれが集まっています。
また、近年では家電や車などをWi-FiにつなげるIoT(モノのインターネット)が進んでいるので、トヨタやメルセデスベンツなどの自動車メーカーーも参加してコネクテッドカーの展示などが行われたようです。

さて、話を楽天コインに戻しましょう。
三木谷会長は講演の中で、

・ブロックチェーンをベースに楽天コインを開発している

・楽天コインのプラットフォームでは、会員情報と楽天ポイントを管理できる

・携帯電話向け電波の申請を総務省に行なっている

と発言しています。

楽天ポイントは、楽天市場での買い物やroomアフィリエイトなどのサービスを利用するともらえるポイントです。
ある程度貯めると、次回の買い物から割引できたりするので使ったことのある人も多いと思います。

しかしそのポイントは現段階では発行された国でしか使えません。
たとえば日本で発行された楽天ポイントは、外国の楽天市場でしか使えず会員情報も引き継ぐことができないのです。

ブロックチェーンを利用して分散型プラットフォームを介して情報を管理すれば、インフラ整備のコストを大幅に抑えることができます。

さらに複数のパソコンを使ったオープンなネットワークでは、後から不正な管理をすることもできないので透明性が高くユーザーも安心して利用できます。

世界共通のプラットフォームを利用することで得られるメリットとはどんなものがあるでしょうか?

現在、海外のネットショッピングではクレジットカードを用いられることが多いです。
しかし楽天が仮想通貨を使えるようにすれば、ショッピング枠の手数料も抑えられることと思います。

その上カードの情報を抜き取られるリスクも減るので、国際間のネットショッピングももっと使いやすくなるのではないでしょうか?

将来的なビジョンとしては、楽天が携帯電話向けの電波を獲得して通信会社を設立したら…

毎月の携帯料金に応じて楽天ポイントがつく
たまったポイントで使用料金が割引できる
楽天コインを使った支払いがしやすくなる

などが考えられます。

まだ開示されている情報は少なく、取引所などで売買できるのか、既存のコインをベースに作るのか、いつごろリリースされるのか…などは分かっていません。

楽天は研究所で開発を進めていた

楽天がオリジナルの仮想通貨を作るというのは、少し意外な感がありますよね。

しかし実は以前からブロックチェーンの研究を進めていたのです。
2016年には、イギリスにあるビットコイン決済代行サービスのBitNetへ出資し「楽天ブロックチェーンラボ」を設立しています。

BitNet自体は2014年に設立された新しい会社なので、楽天などから1450万ドルもの資金調達できたのは快挙だと感じます。

今回のニュースではそれから2年近くたって新たな動きがあったということで、待ち望んでいたユーザーたちは大きく盛り上がりました。

今後も新しい情報がどんどん出てくると思われます。

まとめ

 

楽天グループが独自のコインを近々発表するというニュースをお伝えしました。

記事内で説明した通り、楽天のようなネットショッピングと仮想通貨は親和性が高いため実現したらとても便利になるでしょうね。

三木谷会長は

「電子商取引(ネットショッピング)とネットワーク・コンテンツはより密接になっており、

今後は大企業が携帯電話関連の事業に参加する例が増えるだろう」

と語りました。

さらに「楽天がその業界のゲームチェンジャーになる」とも続け、強気な姿勢と自信を見せつけました。

今後の動きにも注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です