GMOコインってどんな取引所?特徴・概要を大解説!


GMOといえばインターネットサービスで有名な会社ですよね。

そんな企業が仮想通貨取引所を開設したということで、現在各所から話題を集めています。

そこでこの記事ではGMOコインがどんな取引所で、利用する上でどんなメリットがあるのかについて解説していきたいと思っています。

GMOコインは仮想通貨「販売所」

GMOコインは2016年10月開業の仮想通貨交換事業者です。

言わずと知れた東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業で、GMOクリック証券などでオンライン金融取引の豊富なノウハウを武器に仮想通貨市場に参入してきました。

取り扱い通貨は

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

の5種類です。

導入部分ではGMOコインを取引所として説明しましたが、厳密にいえばGMOコインは販売所なのです。

取引所はユーザー同士で通貨を販売するというマッチングサービスのような場所です。

利点としては取引にかかる手数料を低く抑えることができるのですが、条件が合致しないと売買できないという点もあります。

有名な銘柄であれば注文が成立しやすいのですが、まだそこまで日本にユーザーを獲得できていないコインなどの場合は板取引が却って不便になってしまうということもあります。

そのため、企業が所持しているコインを購入するという形式は、すぐにほしい分の銘柄を手に入れることができるというメリットがあるのです。

販売所でコインを購入するにあたって心配なのが、スプレッドですよね。

しかしGMOコインは、業界でも屈指のスプレッドの狭さを実現しているんです。

2017年12月22日まで行われていたスプレッド縮小キャンペーンは、すでに終了してしまいましたが、それでも業界の中でもっともお得な販売所というのは変わりません。

平均的に販売所でかかるスプレッドは3~5%であることが多いのですが、GMOコインは本当にお買い得です。

ライトコインを例に出しますが、スプレッドは300円でいいんです。

平均的なスプレッドの場合(14,000*0.05=700円)と比較するまでもなく安いですよね。

さらにリップルのスプレッドも1XRPあたり1円と、業界最安値です。

スプレッドだけじゃない!各種手数料もお得

GMOコインがお得なのはスプレッドだけではありません。

なんと各種手数料も無料なんです。(後述のレバレッジ取引は除く)

日本円出金、ビットコイン送金なども無料で行えるためすでにほかの取引所を利用しているという人でもコストを抑えて取引所間の送金が利用できます。

地味に嬉しいのが「日本円即時入金」の手数料が無料ということ。

銀行振り込みで日本円を入金する場合は、銀行へ支払う振り込み手数料のほかには特に手数料がかからないという取引所も多いのですが、コンビニやATMを利用して入金するクイック入金や即時入金といったシステムは、すぐに反映されるというメリットもありながら余計に手数料が必要になるケースが多くコスパが悪いんです。

しかしGMOコインの場合は、ネットバンキングのアカウントを持って入れば24時間365日いつでも無料でアカウントに入金することができます。

最低入金額も1,000円からとお手頃なのも嬉しいですよね。

ちなみにペイジーを利用した場合は、入金日から7日間送付が制限されます。

すぐに出金したかったりほかの取引所やウォレットに移したいという人は楽天銀行か、住信SBIネット銀行の口座を開設することをおすすめします。

FXや5倍までレバレッジ取引も可能

GMOコインでは仮想通貨の信用取引を行うことができます。

また、レバレッジをかけた取引も利用できるので少額から取引を行っても十分利益を出せる可能性もあります。

チャートが変動しても追証が必要ないので、目前の取引にのみ集中できるんです。専用のアプリも使いやすいので、タブレットやスマホでも注文が出しやすいんですよ。

さて、この項のタイトルでレバレッジ5倍とつけましたが「あれっ?」と違和感を感じる人も多くいるかと思います。

そう、つい最近までGMOコインはかけられるレバレッジが国内でも最大級の25倍でした。

しかし年末年始のビットコインの価格の変動の大きさに、2018年1月31日からかけられる最大のレバレッジを5倍までに縮小したのです。

レバレッジ取引の場合、うまくタイミングをつかめば利益も数倍になりますが、損失に動いた場合利用者の負債も大きくなります。

特に最近は値動きが大きかったり、ほかの取引所で大きな事件がおこったりしたのでユーザーの保護を優先した結果レバレッジの最大値を下げたんだそうですよ。

まとめ


GMOコインは販売所の中でもお得に通貨を購入することができます。

しかもFXや証券取引で備えたノウハウで、充実の仮想通貨FX取引が可能です。

将来的にはアルトコインもFX取引できるようにするそうですが、まだ時間がかかるようです。

というのもユーザーを第一に考える社風あってのことかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です