ビットトレードの気になる特徴から手数料まで!

ビットトレードは現在あらゆる意味で注目されている仮想通貨取引所ですが、現在取引所がどんどん増えており今後も増加する予定です。

今回はその中でもBitTrade(ビットトレード)について分かりやすく解説していきたいと思います。

アルトコインが取引できるビットトレード

BitTrade(ビットトレード)は2016年12月に開設した比較的新しい取引所です。

ビットトレード株式会社はFXサービスを展開するFXトレード・フィナンシャルのグループ会社なので、投資や金融についてのノウハウがすでに豊富にあるという点もメリットとしてあげられます。

2017年9月29日に正式に金融庁から仮想通貨交換事業者として認定を受けています。

取り扱っている通貨は、

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・モナーコイン(MONA)

の6種類です。

どの通貨も時価総額ランキング上位の通貨な上に、イーサリアム・リップル・ライトコインは2018年特に上昇が注目されます。

アルトコインが日本円で板取引できる取引所はまだそこまで多くはないので、複数の通貨を並行して取引したいという人にとてもおすすめなんです。

※イーサリアムとライトコインのみビットコイン建てのみの取引が可能。

チャートと取引画面が高機能!

ビットトレードの特徴といえば、なんといってもチャートの操作性が高いところです。

仮想通貨取引だけでなく、世界中であらゆる金融商品の取引に使われているTrading Viewを用いているため高レベルな売買が可能なのです

基本のロウソク足チャートはどのタイミングで取引量が集中しているかすぐにわかるし、それ以外にもトレンド線・移動平均線・ボリンジャーバンドなどを追加してテクニカル分析も利用できます。

FXなどすでに投資の経験があったり、チャートの動きからマーケットを予想するタイプのユーザーにぴったりですね。

しかもさらに嬉しいのが、複数のテクニカル分析を同時に利用してもサクサクと動く快適な操作性が保たれることです。

特にコイン高騰時などチャートが大きく動くときなどは、スピード勝負の仮想通貨投資の世界で安定して取引ができることは取引所を選ぶ重要な要素の一つだと思います。

通貨ペアの比較分析も見やすく行えるため、なにか動きがあったときなどに投資プランを立てやすいのもメリットですよね。

手数料は高い?しかし取引所なので実際はお得

「ビットトレードは取引手数料が高い」という噂を耳にしたことがあります。

実際はどうなんだろう?と調べてみると、ビットトレードではメイカーで0.2~0.3%、テイカーで0.2~0.7%の取引手数料がかかります

(メイカーは注文板で新しく注文を出して取引する人、テイカーは既存の注文の中から取引をする人です。)

たしかに現物取引が無料でできたり、マイナス手数料サービスを実施している取引所があることを考えれば割高に感じるかもしれません。

しかし、日本の取引所ではアルトコインは販売所でしか買えなかったり、取引所で買うことのできるアルトコインが少なくなかったりしますよね。

販売所では取引手数料がかからないといっても、実際にはスプレッド(価格差)という実質的な手数料が発生します。

スプレッドの金額や割合はその時の取引量などによって異なりますが、大体3~5%かかることが多いようです。

それを考えると0.2%~という手数料はそれほど高く感じません。

ライトコインやモナーコインは国内でも取り扱っている通貨がそれほど多くないため、むしろ手数料を低く抑えられると言ってもいいほどです。

実はアルトコインを短期トレードしたい人や、手数料を抑えたい人にはぴったりなんです。

スマホでも使いやすくSNSでも情報発信

ビットトレードはまだスマホ用のアプリをリリースしていないため、ブラウザからアクセスすることになります。

とは言っても、スマホ画面でも使いやすくチャートも見やすいため別にアプリを出さなくてもいいよなぁというのが個人的な意見です。

外出先で取引をしたい人でもチャートや注文坂が感覚的に操作できるように表示されるので、スマホやタブレットを使って思いついたときに簡単に売買取引ができますよ。

さらにツイッターなどのSNS公式アカウントでは、通貨の価格や取引状況をこまめに知らせてくれます。

それ以外にも、手続きが面倒な確定申告などの税務処理などの情報も知らせてくれたりと、ユーザーが利用しやすい環境作りに努めています。

まとめ


ビットフライヤーはFX取引の実績があるため、詳細かつハイレベルな取引が可能です。

しかも人気のアルトコインを板取引できるなど、他の取引所と比較しても売買取引のしやすさに定評があります。

そのためビットフライヤーは特にアルトコインを短期トレードしたいという人に特に向いているといえるかもしれません。

ただ、分かりやすい画面と公式のこまやかなサポートがあるので、これから利用する人でも問題なく使えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です