コインチェック不正出金NEM流出事件から学ぶ今後のセキュリティ対策

皆さんニュースなどでご存知だと思いますが、日本国内でも有数の大手取引所であるコインチェックで通貨の大量流出が行われました。

一体なぜこんなことが起きてしまったのか、今後どんな対策をすればいいか解説したいと思います。

コインチェックでネムが大量流出

日本時間で2018年1月26日未明、大手取引所のコインチェックで大事件が起こってしまいました。

時価総額ランキングでも上位のNEM(ネム)という通貨が5.4億枚も不正に流出したというショッキングなものでした。

日本円にするとおよそ580億円という莫大な規模のトラブルに、取引所や投資家たちがパニックになってしまいました。

コインチェックは会見を開き、ネムの不正流出を認め利用者への返金や対応について協議していると発表会しました。事件の詳細は明らかになっていませんが調査によれば、たった5分間の間で行われた可能性が高いとみられています。

しかし、履歴をよく確認してみると最初にごく少額の送金が行われていることが判明した上、11のウォレットアドレスに分散して送金されていることから、かなり計画性の高い犯行であることが分かりました。

日本円での現金化はされていないようですが、現在ハイスピードで調査が行われており、エンジニアが有志で解析コードをGithub上で公開していたりします。

コインチェックは28日に再び会見を開き、盗難されたNEMに相応する日本円をユーザーに返金することを発表しましたが返却のスケジュールについては未定。一部ではユーザーの怒り鎮火のためのとりあえずの発表だったのでは?という声も上がっています。

580億円もの盗難、保証は取引所にとってかなり大きなダメージです。

過去には国内外で同様の事件が多く発生

日本の取引所のトラブルと言えば、2014年に起こったマウントゴックスをイメージする人が多いと思います。この時も時価400億円相当のビットコインが流出してしまい、ビットコインのチャートが長期低迷するきっかけとなりました。

もっともマウントゴックスの場合は運営陣や経営システムに重大な問題が指摘されているため、同列に語るのは正しくないかもしれません。

しかし上記以外、海外でも頻繁に不正アクセスによる通貨流出が起こっています。お隣韓国では人気取引所のYobitがハッキング被害によって経営破綻においこまれています。

中国のマイニングプールのNicehashも、何者かが行なった不正アクセスにより80億円ほどのビットコインが盗難されてしまいました。

もちろん不正に取引所を操作する人間が一番悪いのには間違いありませんが、私たち投資する側もリスクに対する考えが甘いと言えるかもしれません。

それでは私たちが自分で出来る対策には、どんなものがあるでしょうか?

不正アクセスへの1番の対策は自己防衛!

投資をする際に自分でできる最大の対策…それは自己防衛の一言につきると思います。

アカウント作成時に長めのパスワードを設定したり、2段階認証を行ったり、1日に何度も口座を確認しておくなどの方法が挙げられます。

特に1日で何度も売買を行わない人や、中長期ホールドしておきたい人は面倒ですが取引に使わない分はウォレットに移しておくといいでしょう。

ウォレットとはその名の通り、仮想通貨を保管しておくお財布のような役割をするサービスです。

一口にウォレットといってもオフラインで管理するハードウォレットやペーパーウォレット、ネットワークに繋いで使えるウェブウォレットなどたくさんの種類があります。

しかし安全性の面から見ると、やはりネットワークに接続しないハードウォレットやペーパーウォレットがいいかと思います。

ただ、ペーパーウォレットは第三者が勝手にQRコードを読み取ってしまうおそれもあるため個人的には本体にパスロックがかけられるハードウォレットがおすすめです。

ウォレットはLedger nano sがおすすめ




高いセキュリティをほこるハードウォレットの中でもおすすめなのが「Ledger nano s」です。

人気のウォレットなので、既に使っている人も多いかと思います。なぜ数あるウォレットの中でも特にLedger nano sがおすすめなのかというと、安全性が高いからです。

本体にパスワードを設定することができるので、仮にウォレット自体を紛失しても通貨を盗難されることはありません

その上最初にリカバリーキーを設定していればデータを復元することが可能です。

データをハードウォレット本体に移してオフラインで管理するため、もちろんハッキングなどのリスクもありません。

サイズもほぼUSBメモリほどなので、お財布や小さなケースにも入れやすく持ち歩きにも便利です。

さらに対応通貨もビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ダッシュなどの人気の通貨にたくさん対応しているため複数のコインをまとめて保管できるのも魅力的です。


注意:必ず公式サイトで買う

Ledger nano sを買う際は必ず公式サイトまたは公式日本代理店で購入してください。

アマゾンやヤフオクなどでも出品されていますが非常に危険です。悪質なウィルスなどが入ったものが存在しており、最悪PCにつなげたら預けた通貨が盗難されることがあります。

また公式サイトで買うことでアウターサービスも受けることができます。

公式日本代理店での購入はこちらから

まとめ

今後、さらに仮想通貨市場は拡大すると予想されます。

取引される金額が増えるに従って、今回のコインチェックのような事件が起こる可能性も高くなるでしょう。

しかしやはり投資として伸び代が期待できるので「リスクがあるから怖くてやめる」と判断してしまうのはもったいない気がします。

今回ご紹介したウォレットなどを駆使して、未然に防げるものは対策をすれば安全性は飛躍的に上がります。トラブルへも上手く対処して、安全な投資生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です