初心者向けのライトコインLTC解説!特徴や将来性など

ビットコインがデジタルゴールドと例えられる一方で、シルバーに例えられるのがライトコイン。
なぜか日本ではいまいち人気が高くない印象ですが、世界的に見るとたくさん取引されている人気の銘柄なんです。
今まで興味が無かった人、これから投資を考えている人向けにライトコインを解説していこうと思います。

ライトコインはビットコインの補助的存在

ライトコインは2011年10月にリリースされた通貨です。
単位はLTCで、2018年1月20日現在1LTC=20,000円前後で売買されています。
ビットコインに取って代わる存在を目指すというよりは、ビットコインの持つ欠点を補填するための補助的な存在を目標に開発されました。

発行上限は8400万LTC、ブロック生成時間は2.5分に設定されています。
銀が金よりも安く流通量も多いように、ライトコインはビットコインよりも使いやすい通貨として使われています。
ライトコインがシルバーと例えられるようになった所以はここにあると言えます。
開発者はグーグルでエンジニアとして勤務した経験を持つ、チャーリー・リー氏です。
実はリー氏の実兄は中国で大手の取引所を運営しているボビー・リー氏で、国際的な情勢に詳しくSNSを使って積極的に情報発信していることでも知られています。

中国人が開発したコインということもあり、以前は中国で人気が高かったものの政府による規制がされた後は下落したこともあります。
現在では大手取引所のコインベースで基軸通貨として採用されているためか、特にアメリカでの人気が高いことでも知られています。

時価総額ランキングでは常に10位以内にマークしており、決して派手ではありませんが利便性が高く根強いファンがいる銘柄と言えます。

技術のアップデートが続いた2017年

2017年はライトコインの技術に関するニュースが多くありました。
その中でも注目を集めたものをまとめてみます。

・セグウィット/LN実装

2017年4月、ライトコインはビットコインに先駆けてセグウィットを実装したことを明らかにしました。
セグウィットとはブロックに書き込む情報のサイズを圧縮して、より多くの履歴を記録できるようにする技術です。
さらに操作性を上げるためライトニングネットワークを導入するため、研究を進めています。
実験段階では成功したことを公式ツイッターで明らかにしています。

・取引の匿名化

2017年11月には、ビットコインとライトコイン間の取引をより円滑にするため取引を匿名化することを視野に入れていることが発表されました。
特別なプライベートキーを用いることで、取引の匿名性を高めることができればより生活の中で使いやすくなるという考えが開発者のリー氏にあるようです。
実装の時期は未定ながら実現の可能性はかなり高いと考えられます。

・リー氏のライトコイン売却

積極的に開発を進めていたチャーリー・リー氏が自身が持つライトコインを全て売却することを発表しました。
開発者が銘柄を全て売るとなれば、運営チームの分離や人間関係のトラブルが起こった結果などネガティブなイメージがありますが…
しかしリー氏がライトコインを売却したのは、コイン上昇による利害対立などを防ぐためなんだそう。
保有していた量や金額は明らかにしていませんが、リー氏はライトコイン売却によって相場に大きな動きは見られなかったと語っています。

ライトコインは高騰が期待される

これまでライトコインの基本情報や、主なニュースをまとめて書いてきてお判りかもしれません。
ライトコインの将来性の高さは、開発者が率先してアップデートや情報発信を行っていることに尽きると思います。
リー氏のライトコインにかける情熱はすさまじいものがあり、コインベースの上級役員の座を「ライトコイン開発のため」といって退いてしまった過去もあるくらいです。

カリスマ的な人が仮想通貨の開発に携わることはよくありますが、多くの場合数年で人事が変わってしまいます。
自身の銘柄にこれほど長い間リーダーシップをとっている人は、リー氏とイーサリアムの開発者くらいではないでしょうか。

まとめ

仮想通貨投資において、運営側の指針は安定した取引を行うために重要な要素を持っています。
特にコインの中長期保有をする人にとっては、開発者が確たるイメージを持っていれば現在の価格が低くても可能性を感じるという物です。

ライトコインは技術的にも定期的にアップデートをしたり、最新の技術を追い続けているなど将来性が高い通貨と言えます。

そのため比較的安定した取引をさはたい人や、ガチホ派の人にオススメしたい銘柄です。

ライトコインの購入はコインチェックがおすすめ

ライトコインは国内取引所では数社取り扱っていますが、仮想通貨を始めたばかりの方におすすめなのはコインチェックです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 1番のおすすめ理由は初心者にも優しい、わかりやすいデザイン性です。

どうしても慣れるまでは仮想通貨取引所であれこれ迷うこともありますが、コインチェックではスマホアプリを含めて直感的にいじりやすいデザイン性で初心者の方でもすぐに慣れることができるため非常におすすめです。

コインチェックのユーザー登録はこちらから

おすすめの取引所をランキング形式でご紹介

【初心者向け】おすすめ仮想通貨取引所ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です