NEM(ネム)ってどんな通貨?特徴や将来性について

 

NEMといえば、人気のアルトコインの中でも独自のシステムを採用している銘柄として知られています。
しかし、人気が高い割には上場している取引所が少ないためあまり詳細が分かりづらいという難点も。

この記事では、ネムの基本情報から将来性にスポットを当てて解説していきたいと思います。

NEMは富の再分配ができるアルトコイン

NEM(ネム)はNew Economy Movementの頭文字をとったシステムの総称です。
直訳すると「新しい経済活動」という意味を持ちますが、その名の通りNEMは誰でも公平な金融取引を行うことを目標に開発されました。
2015年3月にリリースされ、通貨としての単位はXEM(ゼム)と表記します。
2018年1月下旬現在では1XEM=1.15ドルで取引されています。
日本円にすると130円くらいですね。

発行上限は89億XEMと定められており、リップルなどと同じように最初から全て発行されており利用されるたびに減少する仕組みが採用されています。
ブロックを作るためにかかる時間が1分と短時間のため、実用性も兼ね備えているコインです。

NEM独自のシステムと言えば、PoI(Proof of importance)を導入していることが挙げられます。
これは重要性の証明という意味をもち、ビットコインのマイニングのように高性能なマシンをもって早く計算できる人たちに実質的な権力が集まることを防ぐために考案されました。
Nemをたくさん利用している人から報酬としてXEMが配布されるというもので、ハーベスティング(収穫)と呼ばれています。
この仕組みから「富の再分配」「人々のための通貨」として高い人気を誇ります。

NEM.io財団は世界的に実用の場を広げてる

2016年12月にはNEMを使ったビジネスを展開するため、シンガポールでNEM.io財団が設立されました。
このチームを中心にNEMの研究・開発を行ったり、各国に合った形態で展開するための組織で2017年6月には日本からテックビューロ社の朝山氏が選出されています。

日本ではNEMのブロックチェーンをビジネス面で利用できるようにした、mijinというシステムが300以上の企業に導入されているんですよ。
有名なところで言うと日本のジビエ(狩猟肉)の管理、流通にmijinが利用されています。

アジアを中心にシェア拡大中!

2017年初めには1XEM=0.5円ほどで取引されていました。
その後NEMの人気上昇と仮想通貨市場の盛り上がりによる相乗効果で、12月にははじめて100円を超えたことも話題になったのです。

日本以外にもビジネスシーンでの導入が予定されており、たとえばカナダではバスケットボールの試合のチケットをNEMで買えます。

他にも中国でNEMの人気が広がりつつあります。
2017年12月初旬には、中国版LINEのようなWechatというメッセージアプリの決済にNEMが利用できるシステムがリリースされ価格上昇に大きく貢献しました。
他にも人気のお酒の銘柄の管理にNEMのブロックチェーンが使われるなど、着実に人気を集めています。
中国は仮想通貨取引所を利用した取引に対しての規制が多くされていますが、マーケットとしては大きい上に政府もブロックチェーンを積極的に取り入れることを推進しています。

このNEMのように個人間の送金やブロックチェーンを利用した製品の流通・管理などで活用してシェアを得ることは賢い方々だと感じます。
広報宣伝方法が功を奏したのか、中国国内で最も安全な通貨としてNEM の名前が挙げられているほど。

NEMユーザーのコミュニティも活発に活動していることも知られており、2017年12月7日には渋谷でNEM支払いができるバーが開店しました。
その名も「NEM bar」で国内のネムユーザーが方々から集まり、随所で話題となったので記憶に新しい人も多いと思います。運営だけでなくユーザーが活躍の場を設けることで、より活発に取引が行えるようになりそうですね。

さらに2018年は、大幅アップデート計画であるカタパルトが始動する予定で、これが実現すれば1秒あたりの処理可能件数が3000件以上とクレジットカード並みになると見られています。
今後上で挙げたNEM bar以外でも決済方法としてNEMが使えるようになれば、さらに人気が上がりそうですね。

 

まとめ

NEMは優れた技術を持っているアルトコインです。
2018年は大きなアップデートが予定されていたり、ブロックチェーンの使用が実用化されるなど価格上昇の材料も複数あります。

もしかしたら来年の今頃には、色々なお店でNEMを使って買い物ができるようになるかもしれませんね。
引き続き今後の動向に注目するのをおすすめします。

NEMの購入におすすめの取引所はZaif

NEMの人気度が高いということもあり多くの国内仮想通貨取引所でも取扱いをしています。

そんな数ある取引所の中で1番NEMを購入するのにおすすめなのが「Zaif」です。

おすすめ理由としては、2点です。

  • 手数料が0.1%以下と抜群の安さ
  • 自動引き落としの積み立て購入も可能

Zaifは板形式の取引所でNEMを売買可能のため手数料も非常に安く、買うのにも売るにも損がない取引所となっています。(某C社取引所では約3%も取られます。。。)

またZaifには仮想通貨取引所には珍しい月1回の自動引き落とし積み立て購入サービスが存在します。毎月コツコツ分散することで高値掴みするリスクも減らせ、気づいた時はかなりまとまった額になってたというメリットがあります。

以上の2点よりNEMの購入には是非おすすめです。

 

Zaifの登録はこちらから

おすすめの取引所をランキング形式でご紹介

【初心者向け】おすすめ仮想通貨取引所ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です